[保存版]ドメイン変更の手順とそのあとにすべきこと/WordPress

gf01a201502080100

わたしごとですが、今回ようやく決意し、新規ドメインに変更しました\(^o^)/

ヤェイ♪

いろいろと悩みましたが、決めたらスッキリしました!!

さて、ドメインを変更すると、そのあといろいろとやらなきゃいけないことが出てきます。

今回は、そのことも含めてメモします(=゚ω゚=)

尚、わたしが使用しているサーバーがロリポップ!なので、ここではロリポップ!を例に手順を説明する箇所がございます。

どのサーバーも行うことは同じだと思うのですが、とっても大事なことなので、そこについて心配な方は、各サーバーにお問い合わせしていただいた方が確実で安心ですm(__)m

ドメイン(サイトURL)を変更する手順

新規ドメインの取得から

まずは、新規ドメインを取得しましょう。

わたしが取得するのに使用したのはムームードメイン です。

使用しているサーバーがロリポップ! なら、ムームードメインの方が設定が簡単なのでおすすめです。

設定にこだわらないのであれば、お名前.comの方が100円くらい安いときもたま〜にあります。

値段を見比べて取得すると良いかもしれません(=゚ω゚)ノ

新規ドメインをサーバーに登録する

次に、取得したドメインをサイトに登録する作業をします。

まず、ロリポップ!のユーザー専用ページにログインし、「独自ドメイン」→ 「独自ドメイン設定」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-14 4.06.12

「独自ドメイン設定」をクリックします。

スクリーンショット_2016-04-14_4_07_58

「設定する独自ドメイン」に、新規追加したいドメインを入力します。

(「公開(アップロード)フォルダ」は空白のままでOKです)

スクリーンショット_2016-04-07_16_05_52

「設定」をクリックします。

スクリーンショット_2016-04-07_16_09_27

この画面が出たら、独自ドメインの設定が完了です。

スクリーンショット_2016-04-07_16_12_05

WordPressでサイトURLを新しいURLに変更する

次に、WordPress側での作業に移ります。

わたしの場合、

旧ドメイン:hirosta-30.com

新ドメイン:pontopi.com

を例に書いていきます。

「ダッシュボード」→「設定」→「一般」をクリックします。

スクリーンショット_2016-04-07_16_20_33

こちらに新規ドメインを入力し、「変更を保存」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-08 0.06.10

もし、以前サイトアドレスを誤って変更し、FTPの「wp-config」からコードを入力した経験がある方は、ここが灰色になっていて編集が出来なくなっていると思います。

その場合は、こちらを参考に修正してください。

WordPress一般設定/サイトURLが灰色になっているのを元に戻す手順
例えば、わたしのように過去にサイトURLを間違えて入力してしまい、サーバーのFTPから「wp-config」をいじり修正したことがある場合、...

ここまでで、ドメインの変更は完了です(=゚ω゚)ノ

ドメイン(サイトURL)を変更したら行うこと

301リダイレクトとは?

(知っている方は飛ばしてOKです!!)

次に、ドメイン(サイトURL)が変更になったことで、必要になってくる作業をします。

これをする大きな理由・目的は以下の2つ。

  • 前のURLに訪れてくれた方をきちんと新しいURLへ誘導するため。

  • 今までのGoogleでの評価を受け継ぐため。

これをしないと、せっかくサイトに訪れてくれた方に対してエラーを返してしまい、とっても失礼なことになってしまいます。

また、Googleでせっかく上位に表示されていたサイトの場合、これをしないだけで全く別のサイトだと認識されてしまい、評価を受け継ぐどころか、同じコンテンツがあるサイト、エラーの多いサイトだと認識され、Googleに嫌われる恐れもあります( ;´Д`)

なので、ドメイン(サイトURL)を変更したら、しっかりと対処しましょう。

301リダイレクト(アドレス転送)の手順

先ほどと同じように、ユーザー専用ページより「独自ドメイン」→ 「独自ドメイン設定」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-08 0.17.50

変更するドメインを選択し、「設定変更」をクリックします。

「公開(アップロード)フォルダ」の空白に、自分が把握しやすい名前を入力します。

(URLだとわかりやすいです)

入力後、更新しましょう。

スクリーンショット_2016-04-08_0_18_29

次に、FTPを開きます。

ユーザー専用ページより、「アカウント情報」→「ロリポップ!FTP」へログインしましょう。

スクリーンショット 2016-04-08 0.41.48

ログインすると、上の方に先ほど作成したフォルダが表示されていると思いますので、クリックして開きます。

スクリーンショット 2016-04-08 0.47.52

開いた状態で、上にある「新規ファイル作成」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-08 0.49.53

ファイル名に「.htaccess」と入力し、保存しましょう。

スクリーンショット_2016-04-08_0_55_25

これで、先ほど作成したフォルダの中に、いま作成したファイルが入っていると思います。

スクリーンショット 2016-04-08 0.59.23

ファイルを開き、用途に合わせて以下をコピペしてください。

<ケース1>

古いURL以下のディレクトリへアクセスがあったとき、新しいURLへジャンプさせたい場合。

(◯◯◯.comをご自身のURLに変更してください)

http://◯◯◯.jp/mypage/

     ↓

http://◯◯◯.com

こちらをコピペしましょう。

Redirect permanent /mypage/ http://◯◯◯.com

<ケース2>

古いURLへのアクセスは全て、新しいURLへジャンプさせたい場合。

(◯◯◯.comをご自身のURLに変更してください)

http://◯◯◯.jp

   ↓

http://◯◯◯.com

こちらをコピペしましょう。

Redirect permanent / http://◯◯◯.com

そのあと、属性を「604」に変更し、保存しましょう。

これで、古いURLにブラウザからアクセスしてみて、新しいURLへジャンプするかどうか確認してみましょう。

きちんと飛べば、301リダイレクト(アドレスの転送)は完了です(*^o^*)

301リダイレクトがきちんと行われているか確認する方法

ここで、きちんと転送されているか不安になったら、こちらでチェックすることが出来ます。

HTTPヘッダーレスポンスステータスコードチェックツール

表示されてすぐは英語でびっくりするかもしれませんが(←これわたしです)、すぐ日本語に切り替わるので心配は無用です(*^o^*)

ここに、ご自身の旧ドメインを入力すると、結果が出ます。

例えば、こんな感じに。

スクリーンショット 2016-04-08 16.33.23

「チェック」をクリックすると、このように結果がすぐ表示されます。

スクリーンショット_2016-04-08_16_35_05

それぞれの結果の意味もきちんと表示されているので、安心です(=゚ω゚=)

スクリーンショット 2016-04-08 16.36.39

ご自身の旧ドメインと新ドメインの結果と照らし合わせてみましょう。

画像が写らなかった場合の対処法

ドメイン(サイトURL)変更前に取り込んだ画像が、変更後のドメインで表示されない場合があります。

その場合は、こちらを参考にしてください。

たったこれだけ?!ドメイン変更してサイトURL変わったら画像が写らなくなったときの対処法
ドメインを変更したら、今まできちんと表示されていた記事中の画像が表示されなくなってしまいました(゚o゚;;ちゃんと表示されているものもあれば...

アドセンスやASPのサイト情報(URL)を変更する

ドメイン(サイトURL)が変わったら、それぞれ登録しているアドセンスやASPのサイト情報のURLを変更しましょう。

広告を貼り直す必要があるのかどうか知りたくて調べてみましたが、ほぼサイト情報変更からURLを変更するだけで大丈夫でした。

ただ、URLを変更したら再度審査が必要なところや、変更前に事前に連絡が必要なところもありましたので、参考までにわたしが調べたASPのリンクを貼っておきます。

尚、これは2016年4月現在の情報ですので、不安な方は各サイトのお問い合わせコーナーか検索でお調べしてみてください。

サイト登録情報からURLを変更するだけで大丈夫だったASP

各々のASPサイトにログインし、変更しましょう。

スクリーンショット 2016-04-11 16.34.54

スクリーンショット_2016-04-11_16_36_15

  • 「もしもアフィリエイト」は、特に説明が見つかりませんでしたので、普通に修正しました。

スクリーンショット_2016-04-09_19_56_28

URL変更したら再審査が必要だったASP

とは言っても、特に内容に大きな変化がなければ、すぐに承認の連絡が来るはずです。

スクリーンショット 2016-04-11 16.40.56

URL変更する前に、事前に連絡が必要だったASP

わたしの場合、ドメインを変更した旨を伝えたら、次の日に連絡が返ってきて、「新ドメインに変更・旧ドメインの削除」をあちら側で行ってくれたということで、特にわたしがしたことはありませんでした。

ただ、連絡せずに変更すると良くないかもなので、ここはきちんと指示に従いましょう。

サイト管理に登録するのを忘れずに

Google AdSenseの場合、特に連絡したりする必要はないようです。

ただ、忘れがちなのが新しいドメインを「設定」→「サイト管理」からきちんと登録すること。

これをしていないと新ドメインで収益が発生しないので注意しましょう。

追記:カエレバ・ヨメレバ・トマレバを使用している場合

わたしは、わかったブログのかん吉さんが開発されたブログパーツ「カエレバ」・「ヨメレバ」・「トマレバ」を使用させていただいているのですが、サイトのドメインを変更した際、一部リンクが切れてしまい、再度リンクを貼り直した箇所があります。

切れなかったリンクもあるのですが、念のため確認した方が良いかもしれません。

アクセス解析ツールのアドレス(URL)変更

最後に、アクセス解析ツールでのアドレス(URL)変更をしましょう。

これを忘れてしまう方も多いみたいなので、ここまでしっかりやりましょう!!!

Google Search Consoleでの変更

管理画面の右上にある歯車をクリックし、「アドレス変更」をクリックしましょう。

スクリーンショット 2016-04-10 1.27.16

このような画面が表示されるので、順番に指示通りやっていきましょう。

スクリーンショット 2016-04-10 1.29.42

1番目の「追加してください」をクリックし、「プロパティを追加」をクリックしたら、新しいURLを入力しましょう。

スクリーンショット 2016-04-10 1.33.17

任意の方法で所有者の確認を取ります。

スクリーンショット_2016-04-10_1_34_38

うまくいけば、1番にチェックが付きます。

が、わたしはこの方法ではうまくいきませんでしたので、次の方法で登録しました。

ホーム画面から、「プロパティ追加」をクリックし、新しいURLを入力します。

スクリーンショット 2016-04-10 1.48.29

先ほどと同様、任意の方法で所有権を確認すると…

無事に、チェックが付きました♪( ´▽`)ホッ

また、すでに301リダイレクトが済んでいるので、2番にも自動でチェックが付きました。

ここまでくれば、あと少し!!!

スクリーンショット 2016-04-10 1.50.59

3番目は、「確認」をクリックするとOKであればチェックが付きます。

4番目も、「送信」をクリックすれば良いだけ!!

スクリーンショット 2016-04-10 2.02.34

このような表示が出たら完了です(*^o^*)

スクリーンショット 2016-04-10 2.02.52

サイトマップの送信

こちらも忘れずに行っておきましょう。

もし、テスト送信の際「サイトマップが見つかりませんでした」という表示が出たとしても、本番の送信をするときちんと送信され、反映されます。

Google Analyticsでの変更

これは、「プロパティ設定」から簡単に出来ます。

わたしは、サイト名とURLを変更しました。

スクリーンショット 2016-04-10 2.23.51

トラッキングIDは変わってませんでしたので、そのままでOKです。

まとめ

これで、一通りの作業は完了です。

あとは、運営中に気が付いたことなどがあったら、その都度修正していけば良いと思います。

ドメインを変更すると、それまで設定していた全てのものに影響が行くので、変更作業が少し大変ですよね(^^;

それでも、自分のしたかったドメインにした方がモチベーションが上がりますし、変更作業を通じてまた新しいことを覚えることが出来たので、個人的には変更して良かったです(*^o^*)♪

もし、いまドメインを変更するか悩んでいる方がいたとしたら、少しでもこの記事が参考になれば良いなと思います。

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました!!

またお会いしましょう(*^o^*)

[保存版]ドメイン変更の手順とそのあとにすべきこと/WordPress
この記事をお届けした
ポントピの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

役に立ったらからシェア♪

気になるからフォロー♪

トップへ戻る