IDをコピペ!SimplicityでGoogle Search Console・Google Analyticsに登録する方法が簡単過ぎる!

google-analytics-tips-illustration

わたしは、初心者でも簡単にカスタマイズ出来て使いやすいと評判のテーマ、「Simplicity」を使用してこのサイトを運営しております。

使えば使うほど、便利な機能が多くて驚かされます。

今回も、正に簡単過ぎて感嘆してしまった機能がありました(*^^*)

(ダジャレを言ってみました。すみません。笑)

その機能とは、「Google Search Console」や「Google Analytics」などのアクセス解析を設定する機能のことです。

通常であれば、ファイルやコードをいじる必要が出てくると思いますが、SimplicityならただIDを入力するだけで簡単に設定が出来てしまうので非常にラクです。

わたしは、Google Search Consoleに登録したときはまだその機能を知らなくて、通常のやり方(HTMLのファイルをサーバーにアップロードする方法)で登録しました。

HTMLファイルをサーバーにアップロード!サイトをGoogle Search Consoleに登録する手順
せっかく頑張って作成したサイトやホームページも、検索エンジンに見付けてもらえなかったら意味がありませんし、悲しいですよね( ; _ ; )き...

Googleさんが推奨しているやり方なので安心ですし、初心者のわたしが簡単に出来たやり方なのでおすすめです♪

でも、もしあなたがテーマSimplicityを使用していて、これからアクセス解析を設定するなら、ID入力のが断然ラクだと思うので、こちらの方法をおすすめします(=゚ω゚)ノ

スポンサーリンク
トップページ 広告W336×280

SimplicityでGoogle Search ConsoleのIDを登録する

Google Search Consoleでの作業

Googleのアカウントが必要になりますので、もしまだ作成されていない方は作成してから始めましょう!

既にアカウントを持っている方は、ここからスタートです。

まずは、こちらからログインしましょう。

Google Search Console 公式ページ

  • ログインすると、ご自分のサイトを登録する画面になるので、URLを登録します。

  • 次に、サイトの所有権を確認する作業に移ります。

ここでわたしは、「おすすめの方法」を選択しましたが、Simplicityを使用している場合は「別の方法」を選択し、「HTMLタグ」をクリックします。

  • 「例を表示」をクリックすると、このようにIDが表示されるので、コピーします。

<注意>

このとき、まだ「確認」はクリックせず、そのまま開いた状態で別ウインドウで自分のサイトの管理メニューを開いてください。

スクリーンショット_2016-03-16_21_47_01

Simplicityでの作業

続いて、Simplicityでの作業に移ります。

(簡単です!)

「管理メニュー」→「カスタマイズ」→「アクセス解析」をクリックします。

スクリーンショット 2016-03-15 20.02.30

「Google Search ConsoleのID」に先ほどコピーしたIDを貼り付けましょう。

スクリーンショット_2016-03-16_22_04_04

「保存して公開」をクリックしたあとに、Google Search Consoleのサイトに戻り、「確認」をクリックします。

これで、認証されれば完了です!

あっという間ですよね(*^o^*)

<注意>

認証後も、IDはそのままにしておく必要があります。

なので、削除したりせず、いじらないでおきましょう。

追記:新しいサイトを追加する方法

サイトを増やした場合、すでに作成したアカウントで一緒に管理することが出来ます。

設定の仕方は簡単なので、こちらを参考にしてください(=゚ω゚=)

ウェブサイト プロパティを追加する

Google Search Consoleにサイトマップを追加する

サイトマップは、検索エンジンにサイトの構成を知らせてくれる、とっても大切な役割を担っています。

そのため、Google Search Consoleへの登録が完了したら、必ずサイトマップを追加しましょう。

セットと言って良いほど大切な作業です。

手順は簡単なので、こちらを参考にどうぞ♪( ´▽`)

Google Search Consoleにサイトマップを追加する方法
前回、Google Search Consoleに自分のサイトを登録しました。今回、そこにサイトマップを追加したので、その手順をご説明します...

SimplicityでGoogle AnalyticsのIDを登録する

次は、Google AnalyticsのIDをSimplicityに登録する手順を説明します。

Google Analyticsでの作業

まず、Google Analyticsへの登録が必要となるので、こちらからログインしてください。

Google Analytics 公式ページ

まず、ログインします。

スクリーンショット_2016-03-15_17_55_48

続いて、「お申し込み」をクリックします。

1

続いて、サイト情報の登録をしていきます。

2

手順通りに進めていくと、最後にトラッキングIDが表示されるので、コピーします。

スクリーンショット_2016-03-15_18_02_47

Simplicityでの作業

先ほどと同じように、「管理メニュー」→「カスタマイズ」→「アクセス解析」をクリックし、「Google AnalyticsトラッキングID」のところに先ほどコピーしたIDを貼り付けます。

*このとき、トラッキング方法も選択出来るので、好みで選択しましょう。

選択するうえで、こちらの記事が参考になると思いますので記載します。

SimplicityのGoogleアナリティクス設定を「ユーザー属性とインタレストカテゴリレポート」に対応させる方法

スクリーンショット_2016-03-16_22_49_38

これで、Google Analyticsの登録は完了です。

コードの確認

きちんと登録されているか確認する方法として、Simplicity開発者、わいひら様はコードの確認をするようにと推奨しています。

最後にソースコードを表示してAnalyticsコードの確認をしてみてください。

ソースコードの確認はブラウザの右クリックメニューから「ページのソースを表示」等のメニュー選択で行うことができます。

Simplicityでは、ログインユーザーは管理者としてカウントしないようコードが表示されないようになっています。必ず一旦ログアウトしてからソースコードを確認してください。

Google Analyticsソースコード

きちんとコードに「Google Analytics」が反映されていれば無事完了です(*^o^*)

しばらくすると…

このように、「Google Analytics」によるアクセス解析結果と、「サイトマップ」によるインデックス登録結果が「Google Search Console」に反映されます。

これで、両方ともきちんと登録され、機能していることが確認出来ます♪( ´▽`)

合計クリック数が少ないのは気にしないでください。いま頑張ってるんです!笑

スクリーンショット 2016-03-16 23.06.08

追記:サイトを追加する方法

Search Consoleと同様、こちらも新しくサイトを増やした場合、同じアカウントで管理することが出来ます。

手順は簡単なので、こちらを参考にしてください(*^o^*)

アカウントを追加する

まとめ

このように、本来であればファイルやコードをいじったりする必要のあった作業が、Simplicityをご使用中なら「IDのコピペ一発」で簡単に出来てしまいます!!

本当に、開発者のわいひら様には頭が下がります。

初心者として、これほど使いやすいテーマはないと思っています。

他のテーマを使用したことがないので、そこまで偉そうなことは言えませんが。笑

ひとまずこの場を借りて、お礼を言わせていただきます。

どうもありがとうございます。

そして皆さんも、サイトを作成したらまずは「Google Search Console」と「サイトマップ」、そして「Google Analytics」に登録をして、サイトをしっかり管理しましょう(=゚ω゚)

せっかく頑張って作成しているサイトなんだから、きちんと検索ロボットに見付けてもらって、たくさんの方に訪れてもらえるとイイですね♪( ´▽`)

ここまで済んだら、あとは引き続き良い記事を書くのみ!!

お互いに頑張りましょう\(*^o^*)/

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました!!

またお会いしましょう。

IDをコピペ!SimplicityでGoogle Search Console・Google Analyticsに登録する方法が簡単過ぎる!
この記事をお届けした
ポントピの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
トップページ 広告W336×280
トップページ 広告W336×280

役に立ったらからシェア♪

気になるからフォロー♪

トップへ戻る