SafariとGoogleChromeでウェブサイトのユーザーネームとパスワードの保管場所が異なる!!

internet-1952019_960_720

わたしはMacを使用していて、検索エンジンはSafariとGoogle Chromeを使用しています。

Safariで何かのウェブサイトを開いてユーザーネームとパスワードを登録すると、次回Google Chromeでそのサイトを開くと、すでに登録したユーザーネームとパスワードが表示され、あとはログインボタンをクリックするだけでログイン出来ていたのでラクでした。

が、あるときMacのユーザーパスワードを変更したら、Safariで開いたウェブサイトはユーザーネームとパスワードがそのままなのに、Google Chromeでウェブサイトを開いた際に表示されていたユーザーネームとパスワードが表示されなくなってしまいました。

開くたびに自分で入力しなければいけないので、とても不便に・・・(´Д`)



どうして急にそうなったか?

従来は、Safariでサイトを開こうが、Google Chromeで開こうが、サイト上で作成したユーザーネームとパスワードは、Macに搭載されている機能「キーチェーンアクセス」にて保管されていたようです。

参考 「キーチェーンアクセス」についてはこちらを参考に。

Mac使うなら!パスワードを保存してくれる便利な機能「キーチェーンアクセス」を使おう
Macを使用するなら、是非知っておきたい便利な機能「キーチェーンアクセス」。 一体、どんな機能なのでしょうか? キーチェーンアク...

それが、ある時から変更となり、Google Chromeでサイトを開いて入力したユーザーネームやパスワードは、Macの機能「キーチェーンアクセス」ではなく、Googleアカウントにて保管されることとなったようです。

参考

chrome がkeychainsに保存しなくなった。 数カ月前から、KeychainsにWEBログインパスワードが存在しないな、、おかしいなと思ってた。 そのうち調べようと思って、ようやく調べて、驚愕した OSX 版 Chrome は Keychains にパスワードを保存できなくなった とのこと。 最初なんでこんな...

わたしの場合、Macのユーザーネームを変更した際、それまでGoogle Chromeと連動していたキーチェーンアクセスが切れ、そこからGoogle ChromeはGoogle Chrome内での保存が必要となったと考えられます。

なので、Macのユーザーネームの変更さえしなければ、Google Chromeとキーチェーンアクセスの連動が切れることはないので、そのまま使用可能だと考えられます。

(これはあくまでも推測です)

が、わたしのように連動が切れてしまった場合は、Google Chromeで保管されることとなるので、きちんと保管場所を知っておきましょう。

Google Chromeパスワード管理場所

以下の手順で確認することが出来ます。

Google Chromeを開き、

スクリーンショット 2017-01-14 20.08.43

画面の右上にあるアイコンをクリックし、「設定」をクリック。

スクリーンショット 2017-01-14 20.19.48

1番下にある、「詳細設定を表示」をクリック。

スクリーンショット 2017-01-14 20.21.35

「パスワードとフォーム」→「パスワードを管理」をクリック。

スクリーンショット 2017-01-16 16.52.49

ここで、保存されたパスワード、まだパスワードが保存されていないウェブサイトを確認することが出来ます。

passwords.google.comをクリックし、自分のアカウントにログインすることで、どのデバイスでも保存したユーザーネームとパスワードの確認が可能です。

Google Chromeパスワード保存方法

Google Chromeを開き、任意のウェブサイトを開きます。

ユーザーネームとパスワードを入力すると、すぐにそのユーザーネームとパスワードを保存するかどうか表示されます。

そこで「保存」をクリックすれば、保存が出来ます。

スクリーンショット 2017-01-14 20.15.50

備えあれば憂いなし!!

ユーザーネームとパスワードは覚えておいた方が安心ですが、複数のウェブサイトに異なるものを使用している場合、また長らく使用していない場合など忘れてしまう場合もあります。

そんなとき、保管場所を知っておくと便利で安心ですよね!!

ユーザーネームとパスワードがMacの「キーチェーンアクセス」と連動しなくなってしまったのは不便ですが、ウェブサイトを開くごとに保存していけば良いだけなので、簡単ですね。

SafariとGoogleChromeでウェブサイトのユーザーネームとパスワードの保管場所が異なる!!
この記事をお届けした
ポントピの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク







役に立ったらからシェア♪

気になるからフォロー♪

関連記事





トップへ戻る