Simplicityとロリポップ!ど素人でも出来たコピペでカンタンにサイト表示を高速化する方法が神

前回、ページの読み込みが遅くなったという記事を書きました。

運営するサイトの読み込み速度が遅いと感じたときにやるべきこと・やったほうが良いこと
こんにちは!! マイペースにポントピ更新中のアラサー女子です(*^^*) 最近、自分のサイトを開く度に、読み込み速度が遅いと感じるよ...

最適化案の中に、「ブラウザのキャッシュを活用する」という項目があり、方法を調べていたところ、当サイトが使用しているテーマSimplicityで、Simplicity自体を高速化するという記事を発見。

Simplicityを高速化し、さらなるパフォーマンスアップをする方法を解説します。 高速化には、ブラウザキャッシュの設定と、リソースを圧縮の設定を行います。 たったこれだけのことですが、かなりの高速化が図れます。 例、Simplicit

文中には、

高速化には、ブラウザキャッシュの設定と、リソースを圧縮の設定を行います。

たったこれだけのことですが、かなりの高速化が図れます。

とありました。

これは、Simplicity開発者わいひらさんが書いている記事なので、信頼性も抜群。

早速、やってみることにしました。



その前に・・・キャッシュって?リソースって?

わいひらさんの記事によると、

ブラウザキャッシュを設定すると、読者の再訪問時に1度読み込んだファイルはブラウザのキャッシュから読まれるようになるので、サーバーの負担を軽減することができます。

リソース圧縮の設定を行うと、対象ファイルを一旦サーバー側で小さく圧縮してから転送し、ブラウザで回答して表示します。そうすることで、小さな転送サイズですのでサーバーの負担を軽減することができます。

わたしが前回の記事で書いたPageSpeed Insightsで提示された最適化案には、「ブラウザのキャッシュを活用する」という項目と同時に、「圧縮を有効にする」という項目がありました。

そこには、

リソースの圧縮を有効にすると、転送サイズを 60.3 KB(81%)削減できます。

とありました。

この作業をするだけで、わたしのやりたいことがふたつも出来ちゃうなんて・・・

かなりありがたい作業です。

実践方法は簡単?ど素人でも大丈夫?

効果はあっても、実践するにあたり、ブログ初心者・ど素人のわたしでも出来るかな?!と不安でしたが、実際にやったらとってもカンタンな作業でした。

実践にあたり、わたしなりに気を付けたことをここにまとめました。

それさえ気を付けて実践すれば、3分で出来てしまう作業です。

なので、安心して実践してみてください(*^^*)v

実践の前に気を付けること

サーバーソフトを確認する

まず、わいひらさんの記事に

この方法は、サーバーで採用されているサーバーソフトがApacheでないと利用できません。ご利用のサーバーで採用されているサーバーソフトをご確認してから設定を行ってください。

とあったため、当サイトのサーバーロリポップで確認してみました。

結果、対応していたため、実践出来ることがわかり、一安心。

ロリポップ!のサーバーソフトはここから確認できます

バックアップを取る

この動作は、サイトにとって重要な部分、.htaccessファイルをいじります。

作業中、もし何かしら誤りがあった場合、サイトが開かなくなるなどの恐れがありますので、実践の前に必ずバックアップを取ってから行いましょう

バックアップは、FTPの.htaccessファイルを開き、そこにある記述をコピーして、どこかに貼り付けておけばOKです。

ちなみにわたしは、ロリポップのバックアップ機能を使用しているので、安心して開始出来ました。

備えあれば憂いなし!ロリポップを更新するときにバックアップオプションに申し込んでみました
今回、4度目の更新のお知らせがロリポップ!から届きました。 早速、延長のお手続きを行うとともに、今回はバックアップのオプションに申...

大切なサイトを守るため、導入することをおすすめします。

ロリポップ!バックアップ機能を見る

いざ、実践!!!

当サイトはロリポップ!で運営中なので、ログイン後、「サーバーの管理・設定」→「ロリポップ!FTP」へ進みます。

ズラーっと並んでいる中から、.htaccessファイルを選択し、クリック。

ここに、WordPressの設定が表示されます。

【超重要】注意して欲しいこと

★ファイルの中に、何か記述がある場合、決してその記述を消さないでください

全ての設定がリセットされ、サイト自体が表示されなくなる恐れもあります。

コピペする場合は、慎重に行ってください。

★記述の最後が「# END WordPress」となっている場合、その下にコードを貼り付けてください

これが出来たら、保存しましょう。

効果を確認してみる

実践前、わたしが最適化案を仰いだPageSpeed Insightsを使用し、効果のほどを確認してみました。

モバイル表示のほうは、実践前が48/100だったのに対し、55/100に。

ほんの少しだけ上がりました(^^)

追記:実践した次の日には57になっていました。モバイル表示ですぐに結果が出る場合もあるかもしれませんが、わたしのように、少し時間が経ってから反映することもあるようです。

パソコン表示のほうは、実践前が51/100だったのに対し、71/100に!!!

結構上がりました(^^)v

作業を行ったあと、「適用済みの最適化」の項目が一気に増えました。

時間が経てば、もう少し効果が得られるかもしれません。

様子を見たいと思います( ・▽・)

コピペだけで高速化を測れるなんて有り難すぎる

ど素人のわたしからすると、サイトの高速化を測りたくても、難しい用語がいっぱいで、よくわからず・・・

なかなか踏み出せずにいました。

でも、今回コピペするだけの簡単作業だったので、不安はありましたが踏み出すことが出来ました。

本当に、このような記事を提供してくださったわいひらさんと、コードを修正されたるなさんに感謝です。

どうもありがとうございました!!!

Simplicityとロリポップ!ど素人でも出来たコピペでカンタンにサイト表示を高速化する方法が神
この記事をお届けした
ポントピの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク







役に立ったらからシェア♪

気になるからフォロー♪

関連記事





トップへ戻る