海外の人からしたら不思議!日本人のありがちな英語の使い方

この記事は約4分で読めます。

lgf01a201302010800

 

旅をしているうちに、海外のお友達がたくさん出来ました。

 

そして最近、彼らがちょこちょこ日本へ遊びに来てくれるので、日本で会えることが多くなりました。

 

彼らと会うときはもちろん英語です。

 

ここで、わたし自身が海外のお友達と話すときに気を付けていることを挙げます。

スポンサーリンク

「わかったフリ」は最低最悪です( ̄ー ̄)絶対ダメ!!!

 

それは、話をしているうえで、わかったフリだけは絶対にしないということ。

 

理解出来なければ、正直に「わからない」と伝え、もう一度聞き返しましょう。

 

「何度も聞き返すことが失礼になるのでは?」と考える方もいるかもしれません。

 

わからないことが「恥ずかしいこと」だと感じる方もいるかもしれません。

 

でも、わかったフリをして話を受け流す行為ほど失礼なことはありませんし、わからないことをわからないということを恥ずかしいと思う必要など全くもってありません

 

むしろ、もしわからないことを隠して曖昧に返事をした場合、相手は

 

「あっこの人マジメに話を聞く気がないんだな」

 

と感じてしまうでしょう。

 

そうなったら、もう信頼なんて失われてしまうし、相手も話す気をなくしてしまいます。

(もちろん、これは日本人同士でも言えることですよね!)

 

なので、絶対にわかったフリだけはせず、わからないことはわからないと正直に伝えて、もう一度聞き返すクセをつけましょう(=゚ω゚)ノ

 

これをすることで、きちんと理解しようとしている気持ちが相手に伝わって、嫌な顔なんてせず、わかりやすく噛み砕いて説明してくれるハズです。

 

それでもわからなければ、もう一度、それでもわからなければ謝ってもう一度、聞き取れなければ紙に書いてもらったり、その場で文字にするのが難しければ後でゆっくり書いて説明してもらうくらいの勢いで聞き返しましょう。

 

そこまですれば、相手にはこちらの気持ちはバッチリ通じるし、相手もそこまでしなくていいやと思ったら断るだろうし、伝えたかったら伝えてくれるはずです(*^o^*)

 

日本人の特徴的に、どうしても控えめになってしまうところがあるので、そこはガンガンいきましょう!

 

「Sorry」を言うなら「Thank you」と言おう(・ω・)

 

日本人の特徴として、何かにつけてすぐに謝るクセがあります。

 

本当に謝らなきゃいけないときに謝るのはマナーなのでOKですが、いちいち何かあるごとに「Sorry」というのは止めましょう。

 

海外の人からしたら、日本人が何でそんなに謝るのか不思議でしょうがないみたいで、よく「どうしてなの?」と質問されます。

 

日本人は、「ありがとう」の代わりにも「ごめんね〜」を使うところがあって、「ごめんね」の意味はいろいろ使い分けが出来るんだよと説明しています。

 

そうすると、納得はしてくれますが、やはりあまり滅多なことじゃ謝らない海外の人たちからしたら不思議のようです。

 

なのでわたしは、海外のお友達に会うときは、極力本当に悪いとき以外は謝りません。

 

例えば、遅刻したときや…

 

ん〜〜〜それくらいですね。笑

 

「Sorry」の代わりに「Thank you」を使うと、しっくりくる感じです(*^^*)

 

海外の人に「Can I~」と聞くのは止そう(=゚ω゚=)

 

これは、わたしが実際に体験したことなのですが、例えばお友達同士でトイレに行くときなど、日本では「ごめん、ちょっとトイレ行っていい?」って聞きますよね?

(あれ?聞かないですか?笑)

 

それをそのまま海外のお友達に英語で「Can I〜」を使用して聞いたら、「NO!!!」と言われました。

 

びっくりしてたら、

 

「嘘だよ〜(*^^*)許可を求められたから冗談で言ってみた」

 

と笑われたのを今でも覚えています。笑

 

海外では、トイレに行くのにいちいち相手に許可を求めないため、ただ「トイレに行く」という意思を伝えれば良いのだそう。

 

それを聞いて、「確かに!!!」と納得したわたしは、それからトイレに行くときなどは「Can I〜」を使用するのを止めて、ただ「トイレに行く」という意思を伝えるようにしています。

 

まとめ

 

こんな感じで、通常日本語で使用している言い方をそのまま英語で言ってしまうと、海外の人からしたら所々不思議なニュアンスのようです。

 

ただ、それも含めて日本の文化ではあるので、それを説明しつつ、英語と日本語のそういった違いも頭に入れて会話すると良いかもしれません(*^o^*)

 

何事も経験です。

 

経験しつつ、その都度実体験をもとに学んでいくのが楽しいんです♫

 

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

またお会いしましょう(*^o^*)

タイトルとURLをコピーしました