WordPress一般設定/サイトURLが灰色になっているのを元に戻す手順

この記事は約4分で読めます。

gf01a201503180800

 

例えば、わたしのように過去にサイトURLを間違えて入力してしまい、サーバーのFTPから「wp-config」をいじり修正したことがある場合、WordPressの一般設定画面ではURL部分が灰色になり、編集出来なくなります。

やらかした!!WordPress(ワードプレス)一般設定でアドレス(URL)を間違えて入力してログイン出来なくなった時の対処法
本日、やらかしてしまいました。WordPressの「設定」→「一般」のページにあるこの部分、URLをいじってしまい、管理画面に入れなくなりました。管理画面に入れないということは、修正も出来なくなるので、正直とても焦りました( ;´Д`)でも...

 

通常は灰色になったままでも問題はないのですが、もしもドメインを変更したりしてサイトのURLが変わってしまった場合、ここから新しいURLを入力する必要があるので、編集可能な状態に戻す必要が出てきます。

 

今回は、この灰色に変わってしまった箇所を、編集出来る状態に戻す手順をご紹介します。

 

手順は至って簡単です♪

 

ただの2ステップ(=゚ω゚=)

 

焦らず落ち着いてやれば誰でも簡単に出来ちゃいますので、順番に見ていってください♪

 

その前に、免責事項をお読みいただきますよう、宜しくお願いします。

スポンサーリンク

免責事項

 

  • わたしは、ロリポップ!を使用しているため、ロリポップ!での説明をさせていただきます。

 

  • 今回、「データベース」というとっても重要な場所をいじります。

 

もしも間違えて違う部分をいじってしまった場合、修正が効かなくなる恐れがあります。

 

なので、必ずサイトのバックアップを取ってから行うことをおすすめします。

BackWPup×DropboxでWordPressのバックアップを確実に取る方法
追記:サイト運営しておよそ1年半後、記事の増加に伴い、有料のロリポップ!バックアップオプションに申し込みました。サイト運営を初めた最初のうちは、こちらの無料プラグインを使用していれば安心且つ充分なので、おすすめです。 WordPres...

 

  • わたし自身、この手順で成功したので書かせていただきますが、もし灰色になっている原因が異なる場合、責任は負い兼ねますので自己責任でお願いしますm(__)m

 

わたしと同じ方法で灰色になってしまった場合は、この方法で大丈夫です。

 

どうしても不安な場合は、サーバーに直接お問い合わせして、やり方を確認した方が確実で安心です(=゚ω゚=)

 

よろしくお願いします!!

 

では、作業に移りましょう。

 

作業1:データベースを修正する

 

ここでは、こちらの2箇所「siteurl」「home」を変更する作業をします。

 

サーバーのユーザー専用ページにログインし、「WEBツール」→「データベース」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-07 20.42.48

 

ご自身の変更したいデータベースを選択し、「操作する」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-07 20.55.50

 

表示されたユーザー名をコピーしておきましょう。

 

「パスワード確認」をクリックし、表示されたパスワードをメモっておきましょう。

(パスワードはコピー出来ないようになっています)

 

そのあと「phpMyAdminを開く」をクリックしましょう。

スクリーンショット_2016-04-07_21_12_43

 

このようなページになるので、先ほどの「ユーザー名」「パスワード」を入力しましょう。

 

サーバーは、ご自身のサーバーを選択し、「実行する」をクリックします。

スクリーンショット_2016-04-07_16_55_18

 

画面の1番左側に「ユーザー名」が表示されています。

 

その左側をクリックします。

スクリーンショット_2016-04-07_21_29_04

 

表示された画面の左側、ズラーっと並んでるファイルの中から、「wp1_options」を見つけ出してクリックします。

スクリーンショット 2016-04-07 21.32.29

 

修正するのは、「siteurl」「home」の2カ所です。

 

それぞれ「編集」をクリックして修正しましょう。

スクリーンショット_2016-04-07_21_35_26

 

修正の内容はどちらも同様です。

 

図のように、URLをただのサイトのURLのみにし、1番下にある「実行」をクリックします。

(実行が2つあるので、1番下の実行をクリックするようにしてください)

スクリーンショット_2016-04-07_21_41_45

 

正しいURLになっていればOKです。

スクリーンショット_2016-04-07_21_48_08

 

これで、「データベース」での修正は終了です。

 

どこもいじらず、ユーザー画面に戻りましょう(=゚ω゚)ノ

 

作業2:FTPを修正する

 

続いて、FTPでの修正に移ります。

 

*ロリポップ!の場合、「ログイン」→「ユーザー専用ページ」→「アカウント情報」とクリックし、「ロリポップ!FTP」へログインすればOKです。

 

ファイル名から、「wp-config.php」を選択し、クリックしましょう。

スクリーンショット 2016-04-07 22.48.58

 

「現在の属性」を400から600に変更して保存をしましょう。

スクリーンショット 2016-04-07 22.51.09

 

再度ファイルを開くと、書き込み可能となっているので、以下のように変更します。

(例として、URLは「sample.com」となっています。)

 

<変更前>

スクリーンショット_2016-04-07_22_59_43

 

<変更後>

スクリーンショット_2016-04-07_22_57_44

 

このように変更するため、<変更前>のコードを削除し、<変更後>のこちらのコードを同じ箇所にコピペしてください。

 

これで保存をしましょう。

(まだこの画面は閉じないでください)

 

ここで一旦、WordPressの「ダッシュボード」→「設定」→「一般」に行き、灰色だった箇所が編集可能となっているか確認しましょう。

 

きちんとなっていれば、大成功です\(*^o^*)/

 

最後に、先ほど600に変更した属性を400に戻し、保存をしましょう。

 

まとめ

 

これで、無事に編集可能となります(=゚ω゚=)

 

あとは、ドメインを変更したりしたときは、こちらからサイトURLを変更することが出来ます。

 

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました。

 

またお会いしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました