Macで何かのファイルやアプリケーションが開けないときの対処法

この記事は約2分で読めます。

o0500033312237411311

 

Macを使用して、何かのファイルやアプリケーションを開こうとした場合、設定によってはこのようなメッセージが出ることがあります。

スクリーンショット 2016-03-29 13.57.48

 

こういう時は、設置を変更してあげる必要があります。

スポンサーリンク

設定の変更の手順

 

「システム環境」をクリックします。

スクリーンショット 2016-03-29 16.12.34

 

「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

スクリーンショット_2016-03-29_14_00_06

 

「一般」を選択し、カギをクリックします。

スクリーンショット_2016-03-29_16_16_01

 

そうすると、パスワードを入力する画面が表示されるので、入力しましょう。

 

設定が可能になるので、「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

 

そうすると、同時にこのようなメッセージが出ますが、終了後に設定を元に戻してあげれば大丈夫なので、「すべてのアプリケーションを許可」を選択し、カギをクリックして閉じましょう。

スクリーンショット 2016-03-29 14.05.03

 

これで、先ほどのアプリケーションが開けるようになっていると思います。

 

設定を元に戻したいとき

 

先ほどと同じように、「システム環境」→「セキュリティとプライバシー」→「一般」の順で進み、カギをクリックし、パスワードを入力します。

 

元の設定を選択し、カギをクリックしてかけます。

スクリーンショット_2016-03-29_16_19_28

 

以下のように表示されていれば、元の設定に戻せたということです。

スクリーンショット_2016-03-29_16_19_38

 

まとめ

 

「すべてのアプリケーションを許可」を選択した場合、用事が終わったらすぐに設定を元に戻すクセをつけましょう。

 

その方がセキュリティ的に安全なので(*^o^*)

 

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

またお会いしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました