初心者必見!Simplicityの広告ウィジェットについて説明するよ![サイズの違いや広告の種類]

この記事は約9分で読めます。

lgf01a201405231700

 

わたしは、ブログを始めるのもサイトを作成するのも、ましてやWordPressを使用するのも初めてで、正直わからないことだらけからスタートしています。

 

今もわからないことだらけですが(^^;

 

ただ、ラッキーだったのは、初めのうちからWordPressのテーマ「Simplicity」に出会えたことです。

 

初心者でも、簡単に管理メニューからいろいろとカスタマイズが可能で、コードとか難しいことがさっぱりのわたしにとっては、正に神様のような、ものすごくありがたいテーマです(*^o^*)

 

また、開発者であるわいひら様はじめ、たくさんのブロガーの方々が、コピペのみで簡単に出来るカスタマイズ方法などをネットに載せてくださっているので、それを参考にしつつなんとかこうにかサイトもカタチになって参りました。

 

この場を借りて、皆様に感謝いたします。

 

本当に、どうもありがとうございます(*>_<*)

 

きっと、他のテーマを使用していたら、今よりもっともっと謎だらけで、時間が掛かってしまったかもしれないので。。。

 

本当に、テーマ選びの段階から「Simplicity」と出会えて良かったです♪( ´▽`)

 

間違いなく「Simplicity」はおすすめのテーマです!!

スポンサーリンク

1番の難関は広告ウィジェットだった!!

 

さて、そんなSimplicityでも、

 

(とゆうかこれは「WordPressで」と言った方が良いのかもしれませんが)

 

理解するのにものすごーく時間が掛かった機能がありました。

 

それは、「ウィジェット」という機能です。

 

ウィジェット機能とは、慣れると本当にラクにいろいろと設定出来てしまうので、とても便利なのですが、最初はかなりつまずきました。

 

その中でも、一番理解するのに時間が掛かってしまったのは、広告ウィジェットに広告を載せるやり方でした。

 

ただ単にわたしが初心者過ぎたからかもしれませんが、もしかしたら同じように悩んでいる方がいるかもしれないので、念のため記載しておくことにします。

 

もうご存知の方は、読まなくて大丈夫な記事です。笑

 

広告ウィジェットに貼る広告って?

 

これは、わたしが最初に疑問を持った点です。

 

初めて広告ウィジェットを目にしたとき、サイズの異なる表示があり、何が何だかわからず戸惑いました。

 

広告ウィジェット以外のウィジェットにも戸惑いましたが、ここでは広告ウィジェットに絞って書かせていただきます。

 

<広告ウィジェットはこちら>

スクリーンショット 2016-03-19 12.48.38

 

最初、「広告」って何の広告のことを言っているのかわからず、提携しているASPの広告なら何でも良いのかとも思ってました。

 

調べましたが、詳しく書いてある記事が見付からなかった記憶が…

 

わたしの探し方が悪かったからかもしれませんが。笑

 

最終的に、ここで言う広告とはGoogle AdSenseの広告であるとわかりました。

 

試しに、他のASPの広告を入れてみたところ、きちんと保存出来ずに機能しませんでした。

(Simplicity、本当に良く出来ています!!!)

 

なので、ここには他の広告のコードは貼らず、Google AdSenseのコードのみを貼るようにしましょう。

 

他のASPのコードを貼るやり方は、後ほどご説明します。

 

広告ウィジェットのサイズの違いはなに?

 

次はサイズの違いについてご説明します。

 

ブログやサイトを運営するにあたり、2つのデバイスで表示させる必要があります。

 

1つはパソコン。

 

もうひとつはスマホ。

 

この2つのデバイスにそれぞれ対応しているのが、この広告ウィジェットに書かれているサイズなのです。

 

このように分かれています。

スクリーンショット_2016-03-19_12_48_38 (1)

 

ここで、どうしてそれぞれのデバイスごとに2つずつあるのかと言いますと、次のように用途が異なるからです。

 

①パソコン表示用のサイズである「336×280」のGoogle AdSenseの広告を貼る場所。

 

②スマホ表示用のサイズである「300×250」のGoogle Adsenseの広告を貼る場所。

 

③もしものときのための予備。

(パソコン用)

 

④もしものときのための予備。

(スマホ用)

 

ここで言う、「もしものときのため」というのは、通常1ページに3つまで表示して良いとされているGoogle AdSenseの広告が、2つしか表示されていないページがあるときです。

 

③と④それぞれにサイズごとの広告コードを貼っておいて、尚且つ「管理メニュー」の「カスタマイズ」から設定してあげると、自動でどのページにも3つ表示してくれるようになります。

 

ただ、自分で気を付けていないと広告を貼り過ぎてしまって、Google AdSenseのポリシー違反となり、アカウントが停止する危険性があるので注意が必要です。

 

広告を貼る前にすること

 

設定

 

まず、広告を設置する前に、広告に関する基本的な設定を先にしてしまった方が良いです。

 

「管理メニュー」→「カスタマイズ」→「広告」に進むと、各設定が可能になります。

 

①ここは、念のため最初はチェックを外しておきましょう。

 

設定した広告の数が合っているか確認出来てから、チェックを入れましょう。

 

②ここは、自分が広告をどのように設置したいかを選択出来ます。

 

何を選んだらどのような配置になるか、開発者わいひら様のページを参考にどうぞ!

「広告の設定」カスタマイズについての解説

スクリーンショット_2016-03-19_19_11_55 (1)

 

 ③ここには、「広告」か「スポンサーリンク」と入れましょう。

 

 ④ ここは、任意でチェックをしていけばOKですが、「パフォーマンス追求広告の表示」にチェックを入れると、先ほどの「もしものときのための予備」の広告が表示されることになります。

スクリーンショット_2016-03-19_19_12_17

 

ただ、気を付けないといけないことが2つあります。

 

  • ひとつ目は、先ほども言った通りで、自分で気を付けていないと広告が3つ以上表示されてしまい、ポリシー違反となってしまうので、注意しましょう!

 

  • ふたつ目は、グローバルナビ・サブメニューを設定していて、それが広告とかぶるとポリシー違反となってしまいます。

 

なので、初めのうちはチェックしない方が安全かもしれません。

 

わたしも、慣れてきてからチェックしました。

 

ちなみに、グローバルナビとサブメニューって何ぞや?と思った方は、こちらの記事を参考にしてください。

Simplicityでサイトにグローバルナビを作成・表示する方法
初心者でも、簡単にカッコイイスタイルのブログが作れると大人気のテーマ、Simplicity。わたしも使わせていただいております。ブログ初心者で、コードとかさっぱりのわたしでも、簡単に色々とカスタマイズすることが出来てしまうので本当にありがた...
Simplicityでグローバルナビにサブメニューを追加・表示する方法
今回は、グローバルナビに「サブメニュー」を追加・表示したのでその方法をメモしておきます。あまりにも簡単な方法で、記事にするのも申し訳ほどなのですが、私自身やり方がわからなくて結構いろいろチャレンジした結果出来て嬉しかったので、書きます!笑尚...

 

⑤ここにチェックを入れると、ウィジェットの表示が変わります。

 

「728×90」となっていたところが、このように「custum 680×150」となります。

スクリーンショット 2016-03-19 4.40.13

 

⑥ここでは、広告を載せたくないページを選択することが出来ます。

スクリーンショット_2016-03-19_19_12_40

 

プラグイン「Dynamic Widgets」をインストールする

 

設定が終わったら、こちらのプラグインをインストールしましょう。

 

これは、記事ごとに広告の表示・非表示を設定出来るので、とっても便利なプラグインです。

 

インストール・設定の仕方・使用例はこちらを参考にしてください。

初心者でも出来た!Simplicityで404エラーページを自分らしくカスタマイズ!
皆さんは、「404エラーページ」についてご存知でしょうか? きっと誰もが見たことあるだろう、このようなページです。 404エラーページとは? わかりやすく言うと、「前は存在していたけど、今は削除されて存在しないペー...

 

設定も終わり、プラグインを有効化したら、いよいよ広告を貼りましょう。

 

広告の貼り方は?

 

ここでは、Google AdSenseの審査に合格したものとして書きます。

(審査の手順についてはここでは割愛します)

 

まず、Google AdSenseの広告のコードを取得する必要があります。

 

取得方法はこちらを参考にどうぞ!

Google AdSenseでの広告コード取得・カスタムチャネル登録の手順
Google AdSenseの審査に合格したら、早速広告コードを取得してブログやサイトに貼り付けてみましょう。その手順をご説明します(*^o^*)広告コード取得の手順まず、Google AdSenseのホームへ行き、「広告の設定」をクリック...

 

取得したら貼り付けます。

 

貼り付け先として、左側の項目にある「テキスト」を使用します。

スクリーンショット_2016-03-19_18_48_46

 

このとき、他に間違えやすい項目がありますが、無視してください。

 

わたしは最初これを使用するのだと思い使用しましたが、やはり保存出来ず機能しませんでした。

 

結果、「テキスト」で成功しました!!

スクリーンショット_2016-03-19_19_53_34

 

コードを貼り付けたい広告ウィジェットのところに「テキスト」をドラッグ&ドロップします。

 

そして、端っこにある小さな三角をポチッとします。

スクリーンショット_2016-03-19_4_44_34

 

すると、このように開くので、ここに広告のタイトルを入力し、コードを貼り付けます。

 

1番下に、先ほど有効化したプラグイン「ダイナミックウィジェット」という表示があると思うので、必要な場合はクリックして設定しましょう。

スクリーンショット_2016-03-19_18_58_29 (1)

 

そして、保存します。

 

この手順で、サイズごとに4つすべての広告を貼り終えたら、先ほどの「管理メニュー」→「カスタマイズ」→「広告」に行き、「全ての広告を表示」にチェックして確認してみましょう。

 

パソコン、スマホ、両方とも確認し、もし1ページに3つ以上のGoogle AdSenseの広告が表示されているページがあったら、落ち着いて「全ての広告を表示」のチェックを外し、ウィジェットに戻り調節しましょう。

 

その瞬間にすぐアカウントが停止してしまうわけではないので安心してください。

 

調節方法は、先ほどのプラグインで修正するか、「カスタマイズ」→「広告」の設定を修正すれば解決するハズです♫

 

他の広告について

 

Google AdSense以外の広告も、サイドバーや他の場所に表示させたい場合は、同じようにウィジェットを使用して「テキスト」を用いて設置することが可能です。

 

記事中に貼りたい場合は、投稿編集の「テキスト」側、それぞれ貼りたい箇所に、広告のコードをコピペして貼ればOKです。

スクリーンショット 2016-03-19 20.43.14

 

このとき、注意しないといけないのは、Google AdSenseの広告が貼ってあるページに同じようなクリック報酬型の広告を貼ってしまうと、これもまたポリシー違反となってしまいます。

 

極力クリック型の広告を貼らないのが無難ですが、どうしても貼りたい場合はプラグインや「広告」の設定から上手に設定しましょう!!

 

Google Adsenseのポリシーに違反しないためには、何度も規約を読み返すことが大切です。

 

せっかく審査に合格しても、すぐに停止になってしまったら元も子もありませんからね( ; _ ; )

 

まとめ

 

テーマ「Simplicity」の広告ウィジェットの使い方、少しだけでも理解するうえでのお手伝いが出来ましたでしょうか?

 

やはり、最初はわからないことだらけでうわーってなっちゃうときもあると思うんですけど、使用していくうちに段々とわかってくる部分が増えて、楽しくなってきますよ(*^o^*)

 

特にSimplicityは、本当に初心者に優しいテーマなので、使用しやすくていろいろいじるのが楽しくなっちゃいます!!

 

皆さんも、わからないところが多くてもめげず、一緒に頑張りましょう♪

 

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました