Contact Form 7/お問い合わせフォーム設置・自動返信メール設定・迷惑メール対策をした手順

この記事は約4分で読めます。

gf01a201501311200

サイトを運営していると、記事についてコメントをいただいたり、質問されたりすることがあります。

そのときにお問い合わせフォームがあると良いですし、むしろWebサイトを運営するにあたり、コンタクトフォームの設置は必須となっています。

プラグインを使えば簡単に出来てしまうので、サクッと作成してしまいましょう。

スポンサーリンク

プラグイン Contact Form7 をインストール

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で「Contact Form 7」を検索し、表示されたこちらのプラグインをインストールし、有効化します。

設定する

「お問い合わせ」→「新規追加」をクリックします。

スクリーンショット 2016-04-05 2.25.22

タイトルを入力

任意のタイトルを入力します。わかりやすく、「お問い合わせ」と入力しておけば問題ないです。

スクリーンショット 2016-04-05 2.29.48

フォーム

このままでOKです。(特にいじる必要はありません)

メール

今はこのままでOKです。後半で、自動返信メールの設定を行います。

メッセージ

ここで定めたものがそのまま相手の方に表示されるので、失礼のないような文言に設定しましょう。

基本的には、このままでOKです。(特にいじる必要はありません)

その他の設定

カスタマイズするときなどに使用するところなので、特にいじる必要はありません。

保存 → コードをコピー

保存をクリックし、画面上に表示されたコードをコピーします。

スクリーンショット_2016-04-05_2_48_50 (1)

固定ページにコードを貼り付ける

「固定ページ」→「新規追加」をクリックし、

スクリーンショット 2016-04-05 3.00.24

表示されたエディタに入力していきます。

ブロックエディタの場合

タイトルに「お問い合わせ」と入力し、「+」マークをクリックします。

下の、「すべて表示」をクイックすると、

一覧が出てくるので、下にスクロールしていきます。

「ショートコード」をクリック。

先ほどコピーしたコードを貼り付け、「公開」をクリックしましょう。

公開状態を選択することも出来ますが、一人でサイトを運営している場合は「公開」でOKです。

クラシックエディタの場合

「ビジュアル」モードで、図のように入力します。

・タイトル→「お問い合わせ」と入力

・パーマリンク→ご自身のドメインのあとに、「contact-form」と入力

・任意で言葉を入力(入れなくても可)

・コードを貼り付ける

スクリーンショット_2016-04-05_3_26_08

公開しましょう。

サイトに表示させる

「外観」→「メニュー」をクリック。

「メニュー名」に自身が管理しやすい名前をつけます。(ユーザーには表示されません)

一旦下の項目はいじらず、「メニューを作成」をクリックします。

すると、左側に先ほど作成した「お問い合わせ」が表示されるので、チェックをつけ、「メニューに追加」をクリックします。

表示させたい位置にチェックを入れ、保存しましょう。

ホーム画面に戻り、きちんと表示されているのを確認しましょう。

スクリーンショット_2016-04-05_3_34_20

自動返信メールの設定をする

「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」をクリックし、

編集をクリックします。

下へスクロールしていくと、メール(2)という箇所があるので、チェックを入れます。

いじるのは、題名と本文の二箇所で、

題名→お問い合わせをいただき、どうもありがとうございます

本文→お問い合わせをいただいた御礼、返信出来る目安を入力しておくと親切です。

入力後、保存します。

reCAPTCHAで迷惑メール対策をする

Google公式ツール「reCAPTCHA」を使って、迷惑メール対策をしましょう。

まずはこちらをクリック。

reCAPTCHA
reCAPTCHA is a security service that protects your websites from fraud and abuse.

「管理コンソール」をクリックします。

ラベル→自身が管理しやすい名前を入力

タイプ→1つ目の「reCAPCHA v3」を選択

ドメインを入力

利用条件にチェックを入れ、「送信」をクリックします。

サイトキーとシークレットキーが表示されるので、このままにしておいてください。

WordPressに戻り、「お問い合わせ」→「インテグレーション」をクリックし、

二つあるうちの下、「reCAPTCHA」の、「インテグレーションのセットアップ」をクリックします。

先ほど取得したキーをそれぞれコピペし、保存しましょう。

これで、設定は完了です。

まとめ

お問い合わせフォームを作成し、設定しておくことで、ユーザーにとっても運営者側にとっても便利なサイトになります。

サイトを作成したら、早い段階で必ず作成しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました