PS Auto Sitemap/WordPressでサイトマップを作って記事を見やすくまとめよう!!

この記事は約4分で読めます。

lgf01a201501241000

 

記事が増えてくると、どこにどんな記事があるのか探しにくくなります(^_^;

 

それをわかりやすく変えてくれるのが「サイトマップ」です(*^o^*)

 

本でいうと、「目次」と同じ役割を果たしてくれます。

 

これがあるだけで、どこにどんな記事があるのか一目瞭然なので、管理する側も楽ですし、サイトに訪れてくれた方にとっても親切です。

 

プラグイン「PS Auto Sitemap」をインストールして、サイトマップを簡単に作っちゃいましょう!

スポンサーリンク

プラグインをインストールしましょう

 

プラグインをインストールする前には、必ずバックアップを取りましょう!!

 

バックアップの取り方はこちらを参考にしてください♪( ´▽`)

BackWPup×DropboxでWordPressのバックアップを確実に取る方法
追記:サイト運営しておよそ1年半後、記事の増加に伴い、有料のロリポップ!バックアップオプションに申し込みました。サイト運営を初めた最初のうちは、こちらの無料プラグインを使用していれば安心且つ充分なので、おすすめです。 WordPres...

 

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で「PS Auto Sitemap」を検索してインストールしましょう。

スクリーンショット 2016-03-08 0.48.33

 

「有効化」すると、「ダッシュボード」→「設定」に表示されます。

スクリーンショット_2016-03-08_1_42_57

 

ここで設定ができるのですが、その前にやることがあります。

 

固定ページにサイトマップ用のページを作成しましょう

 

サイトマップを表示させるためには、固定ページに表示するための場所を作ってあげる必要があります。

 

手順は簡単です。

 

まず、「ダッシュボード」→「固定ページ」→「新規追加」をクリックします。

スクリーンショット 2016-03-08 0.51.13

 

すると、記事編集画面になるので、以下のように記入してください。

 

  • タイトル → ここで設定したものが、サイト上のグローバルナビに表示されます。

 

いつでも変更可能なので、気軽に決めましょう。

 

ちなみにわたしは、ただ「サイトマップ」としています。

 

  • パーマリンク → 「sitemap」など、任意で入力してください。

 

パーマリンクは大切なものなので、特に設定をされていない方はこちらの記事を参考にしてください。

SEO対策に効果あり!WordPressでパーマリンクを正しく設定・使用する方法
皆さんは、WordPressでの「パーマリンク」の存在・役割をご存知でしょうか?この「パーマリンク」、SEO的にかなり重要な役割を果たしているんです。これを知っているのと知らないのとでは後々になってかなりの差が出てきます。これからWordP...

 

また、パーマリンクを変更した後には必ずリダイレクトという作業が必要となります。

 

こちらの記事も参考にしてください。

エラーにさよなら!Redirection(リディレクション)/WordPressでリダイレクトする簡単手順
当サイトはWordPressで運営しています。先日、SEO対策も兼ねてパーマリンク(URL)を変更しました。パーマリンクは、サイトを運営していくにあたってとても大切なものなので、もしまだきちんと設定していない方がいたら、先にそちらを設定しま...

 

  • 記事編集画面の「テキスト」に、こちらを入力します。

(コピペでOKです)

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

 

最終的にこのような表示になればOKです。

 

公開しましょう。

スクリーンショット_2016-04-05_1_56_37

 

公開後、ブラウザに表示されるURLのこの部分をメモしておいてください。

 

サイトマップの設定に必要になります。

スクリーンショット_2016-03-08_0_57_38

 

これで、サイトマップを表示する土台が完成です♫

 

PS Auto Sitemapの設定しましょう

 

先ほどの手順で、「PS Auto Sitemap」の管理画面を表示してください。

 

自分がサイトマップに表示したい項目を選んでチェックしましょう。

スクリーンショット 2016-03-08 0.59.22

 

  • サイトマップを表示する記事 → 先ほどメモったIDを入れましょう。

 

  • 出力階層制限 → 「制限なし」にチェックしましょう。

 

子ページや子カテゴリーを活用して、階層が深い場合のみ利用しましょう。

 

  • 除外カテゴリ、除外記事 → サイトマップに表示したくない記事があれば、その記事のIDを入力しましょう。

 

IDの取得方法は先ほどと同じです。

スクリーンショット 2016-03-08 1.02.10

 

  • スタイルの変更 → いろいろなスタイルが用意されているので、自分の好きなスタイルを選択しましょう。

スクリーンショット 2016-03-08 1.32.05

 

参考までに、スタイルの種類はこちら!

 

スタイルなし

スクリーンショット 2016-03-08 2.36.41

シンプル

スクリーンショット 2016-03-08 2.37.28

シンプル2

スクリーンショット 2016-03-08 2.38.08

チェックリスト

スクリーンショット 2016-03-08 2.38.49

蛍光ペン

スクリーンショット 2016-03-08 2.45.04

ドキュメントツリー

スクリーンショット 2016-03-08 2.39.48

付箋

スクリーンショット 2016-03-08 2.40.34

音符

スクリーンショット 2016-03-08 1.26.17

矢印

スクリーンショット 2016-03-08 1.19.34

ビジネス

スクリーンショット 2016-03-08 1.21.07

索引

スクリーンショット 2016-03-08 1.21.42

アーバン

スクリーンショット 2016-03-08 1.22.38

アンダースコア

スクリーンショット 2016-03-08 1.23.21

キューブ

スクリーンショット 2016-03-08 1.25.18

 

どうでしたか?

 

お好きなスタイルはありましたでしょうか?(*^o^*)

 

わたしは、個人的に「キューブ」が可愛いなと思って使用していますが、気分によって変えることも出来るので便利ですよね!

 

スタイルが決まったら、あとはキャッシュの設定をすれば完了です。

 

それについては、こちらを参考にどうぞ!

「キャッシュの使用」はすでに「W3 Total Cache」などのキャッシュ系プラグインを使用していると競合してしまうので、チェックを外そう。制作者リンクの表示をしたくない場合はチェックを入れよう。ーバズ部さんの記事

 

ということで、わたしは「キャッシュの使用」のチェックは外してます。

 

ここまで来れば、あとは保存すれば完了です(*^o^*)

 

サイトを表示して確認してみましょう!

 

グローバルナビに「サイトマップ」が表示されていると思います。

スクリーンショット_2016-04-05_1_47_50

まとめ

 

サイトマップを表示したことで、記事の把握がしやすく、サイトに訪れてくれた方に対しても親切なサイトになりましたね(o^^o)

 

どんどんコンテンツを増やして、興味を持ってもらえるサイト作りを頑張りましょう♫

 

この記事を読んでいただき、どうもありがとうございました!!

 

またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました