httpとwwwのアドレスをhttpsに統一する方法とその後必要な設定まとめ(初心者向け)

この記事は約10分で読めます。

サイトのURLを「http://」から「https://」に変えることを「SSL化」といいます。

SSL化をすることで、今まで「保護されていない通信」と出ていた表示が、

鍵マークのついた「安全な通信」という意味の表示に変わります。

こうすることで、サイトに訪れるユーザー、そしてGoogleに「安全なサイト」と認識してもらうことができ、SEO的に良いとされています。

一方で、URLを変更することで検索順位に悪影響が出るとも言われています。

これは、URLが変わったことをGoogleが把握するのに時間が必要な為ですが、きちんとした手順で行えばリスクは最小限に抑えられます。(当サイトは、記事数が少ない為か、SSL化をして2日後には『正しく認識されるようになりました』というメールがGoogleから届きました)

SSL化をしていないと、上記の警告が常にユーザー向けに発信され、サイトを開いてもらえない可能性が高まります。せっかく作ったサイトに訪れてもらえないなんて、悲し過ぎますよね。

今後、SSL化されていないサイトは『徐々に表示されなくなっていく』説もあります。

安心してユーザーに開いてもらえるように、早い段階でSSL化しておくことをおすすめします。

また、今回は「www」がついたURLも同時に「https://」に統一しました。

順を追って手順を説明していくので、参考にしてみてくださいね☆

スポンサーリンク

SSL化するまでのステップは?

ステップは、大きく分けて2つあります。

  1. SSL化を設定する(無料版でOK!)
  2. SSL化設定したことをGoogleに伝える

この2つを以下の手順で行っていくと、エラーなどない限り大体1時間くらいで終わります。

難しくはありませんが、とっても大切な場所をいじるので、はじめにバックアップを取り、慎重に行いましょう。

バックアップの取り方は、以下を参考にしてください。

BackWPup×DropboxでWordPressのバックアップを確実に取る方法

SSL化を設定する

それでは第一ステップ、SSL化を設定しましょう。(ボタン一つで出来るので、簡単です♪)

わたしはロリポップを使っているので、ロリポップの画面で説明していきますね。

ログイン→セキュリティ→独自SSL証明書導入の順に進みます。

無料版と有料版がありますが、個人でブログ運営をやっている方なら無料版でOKです♪

有料版は、法人やユーザーに個人情報を入力してもらう必要のあるサイト運営者向けのようですね!

ここでは、スクショを撮るのを忘れてしまったのですが(すみません…)、設定は簡単です。

表示されたドメインを選択し、「独自SSL(無料)を設定する」をクリックするだけでOKです。

【図付きの説明は公式のこちら】

独自SSL(無料)のお申込み・設定方法 / セキュリティ / マニュアル - レンタルサーバーならロリポップ!
ロリポップ!レンタルサーバーのご利用マニュアル 「独自SSL(無料)」 のお申込み・設定方法について説明したマニュアルページです。

設定が完了したら、「SSL保護有効」と表示されるので、実際に「https://」をつけたURLで検索してみてください。きちんと表示されれば、成功です♪

SSL化設定したことをGoogleに伝える

現時点では、まだ「http://」のURLでも表示される状態となっています。

これだと、Googleは2つのサイトを別サイトと認識し、評価が分散され、SEO的によくありません。

そのため、URLを統一し、Googleに正しく認識してもらう設定が必要となります。

「www」も一緒に統一するのは、この為です☆

ステップは、6つ。

  1. WordPressの設定を変える
  2. .htaccessにコードをコピペする
  3. プラグインSearch Regexを使って内部リンクを一括変更する
  4. Googleサーチコンソールに登録をする(登録済の方は省略可)
  5. Googleアナリティクスの設定を変更する
  6. Googleアドセンスのコードを確認する

難しそうに見えますが、以下の手順通りに進めれば大丈夫です^^

ただ、しつこいようですが安全のため、バックアップを取ってから行いましょう!

バックアップは簡単にプラグインを使えば取れるので、こちらを参考にしてください。

わたしは、ロリポップのバックアップオプションに加入しています。

ロリポップ!レンタルサーバー

月々330円で安全を買えるのは、お得だと思っています。

WordPressの設定を変える

ダッシュボード→設定→一般をクリック。

WordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)を「https://」に変更します。

「s」を入れるだけなのですが、慎重に。

変更を保存すると、ログイン画面に切り替わるので、再度ログインしましょう。

きちんと保存できていれば、成功です。

.htaccessにコードをコピペする

今回わたしは、下記2つのサイト様でご紹介されているコードを使用させていただきました。

SEO的な観点からみても、「https://」に統一した方が良いとのことですが、わたしは単純にシンプルな方が把握しやすいので、「www」のURLも「https://」に統一しました。

ここは任意なので、もし今回は「http://」を「https://」にするだけでOKという方は、一つ目のコードのみコピペしてください☆

「http://」を「https://」に統一するコード

SSL化によるリダイレクト処理の方法 :: MRSミライレンタルサーバl無償SSL対応レンタルサーバ「MRS」

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://転送先のホームページ/$1 [R=301,L]
</IfModule>

「www」を「https://」に統一するコード

wwwあり・なしを統一してサイト評価を損なわない方法 | キーワードファインダー
"www"のあり・なしを統一していますか?この設定をしなければ、検索エンジンからの評価も分散している可能性もあるため、早い段階から対策しておきたい要素のひとつです。この記事ではそんな"www"のあり・なしを統一する方法についてご説明しています。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.sample\.com
RewriteRule ^(.*) http://sample.com/$1 [R=301,L]

手順はカンタン♪.htaccessにコピペするだけでOK

上記2つのコードをコピーし、.htaccessシートの先頭部分にペーストしましょう。

ロリポップの場合、サーバーの管理・設定→FTPで「.htaccess」まで辿りつけます。

サイトを複数運営している方は、間違って他のドメインを選ばないよう注意しましょう!

元から書いてあるコードはいじらず、消さず、一番上にそっとペースト♪

これで保存すれば、OKです。

試しに、自分のドメインを入れて検索してみましょう。

これで鍵マークがついていれば、成功です。

プラグインSearch Regexを使って内部リンクを一括変更する

現段階では、表向きは変更されたように見えますが、記事内で使っている画像やブログカードなどのURLが「http://」のままになっている可能性があります。

先ほど、.htaccessというとても大事な部分にコードを貼り付けたので、すべて変更になっている可能性が高いのですが、反映されていないと記事内で表示されず、SEO的によくありません。

無料プラグインSearch Regexを使い、きちんと変更出来ているか確認し、出来ていないものがあれば、変更しましょう。

Search Regexインストール、設定、使い方

まず、プラグインをインストールし、有効化しましょう。

名前を入れて検索すれば、すぐに見つかります☆

注意点として、このプラグインを使って変更すると、元に戻せない(手動で戻すしかなくなる)との注意書きも見つけたので、やはりきちんとバックアップを取ってから行うことをおすすめします。

有効化したら、ダッシュボード→プラグイン→設定をクリックし、進むと、Search Regexの画面が現れるので、検索と置換をクリック。

上から、

「プリセットなし」のまま

検索:変更前のURL「http://〜」

置換:変更後のURL「https://〜」

と入力しましょう。

上記にもあるように、「入力元」のところには、デフォルトで「投稿」と「固定ページ」が設定されています。ここをクリックすると、各項目が選べますが、まずはこの2つのみ入力し(デフォルトのままで)検索しましょう。

「すべて置換」を押してしまうと、設定されてしまうので、まずは検索からはじめましょう!

検索結果が表示されたら、面倒でも一つ一つ確認しましょう。

上記の場合、上は「img」から始まっているので、記事内の画像だとわかります。

下が記事で、両方ともオレンジ色の箇所を見ると、「https://」に変更されているのがわかります。

全部チェックして、OKだったら「すべて置換」をクリック。

しばらくこんな画面が続き、不安になりますが、大丈夫です。

え?え?本当に大丈夫?!って思ってきた頃に動き出し、

無事完了しますので、焦らなくてもOK♪(ちなみにわたしは、5分くらい掛かりました)

記事や画像のボリュームによるのだと思います。

以上の手順で、他の項目にもチェックを入れ、きちんと反映されているか確認し、されていない箇所があれば置換しましょう。

Googleサーチコンソールの登録をする

既に登録済の方は次のステップへいきましょう。

実はわたしも、先日Cocoonをインストールした際にここだけは先に済ませてしまい、そのときの記事がなく、きちんとした手順で説明出来ない可能性があります。

そのため、先日わたしが登録を行うにあたり、参考にさせていただいたサイト様をご紹介します。

Google Search Consoleに登録する方法
Google Search Console用のサイト認証タグを表示させてサイト登録を行う方法です。

Cocoonのテーマを使っている方なら、同時にIDの登録が出来るので、一石二鳥だと思います♪

別のテーマを使っている方には、こちらのサイト様が参考になるかと思います。

SSL化したらやっておきたいGoogleアナリティクスの設定
正しいデータが取得できるようにしましょう。

実は以下の手順も、上記サイト様を参考にさせていただきました。

そのため、重複するところがありますが、わたしなりの手順で書いてみました♪

Googleアナリティクスの設定を変更する

Googleサーチコンソールに登録が完了したら、次はアナリティクスの設定をします。

プロパティの設定

アナリティクスにログイン後、管理(歯車のマーク)→プロパティ設定をクリック。

デフォルトのURLを「https://」に変更します。

Search Consoleと紐付ける

そのまま下にスクロールしていくと、「Search Consoleを調整」という箇所があるので、クリック。

ここで、先ほど登録したGoogleサーチコンソールと紐付けの作業を行います。

「追加」をクリックすると、下記のような画面が表示されます。

追加したいURLを選び、保存しましょう。

保存後、再度「Search Consoleを調整」をクリックし、選択したURLが表示されていれば紐付け成功です。

ビューの設定

次はビューの設定をします。

管理画面に戻り、「ビューの設定」をクリック。

ウェブサイトのURLを「https://」に変更し、保存します。

これで、アナリティクスの設定は完了です。

Googleアドセンスのコードを確認する

2020年現在は、SSL化しても特に何も変更する必要はないと言われているようです。

理由は、現在のアドセンスコードは「http」で始まっていないため。

常時SSL化でグーグルアドセンスの広告コードの変更は必要不要?Search Consoleやグーグルアナリティクスの設定変更の注意点
あなたの運営しているブログやサイト、既に常時SSL化してますか? 常時SSL化のための大枠の手順自体は大したこ…

ただ、わたしの場合念のためコードを確認したところ、「https://」という表示はありました。

変更がきちんと反映されていれば問題なく広告は表示されますが、もし仮に「http://」のままになっていると広告は表示されず、収益に影響が出てしまいます。

そんなことがないように、きちんと広告のコードを確認し、URLがある場合は「https://」になっているか確認しましょう。

なっていなければ、「s」を付け足し、問題なく広告が表示されるかどうか確認しましょう。

しっかり対策して、Googleにもユーザーにも好かれるサイトに

「難しそうな設定だから」と設定を後回しにした結果、収益ゼロ!なんてことにならないように、しっかり対策しておくことは大切なことです。

わたしは以前、こんな記事を書きました。

サイトを5年間運営した結果、収益がゼロになりました。これだけは気を付けて欲しいことまとめ

恥ずかしながら、忙しさのあまり約2年全く記事を書かず、放置した結果、アドセンスからの収益がゼロになりました。

こういった対策をきちんと取らなかったからだと反省し、今後に活かしたいと思います。

わたしのようにならないように、面倒でもきちんと管理することが、ブログ運営していくにあたってかなり重要であることを痛感しています。

これから運営していく方は、わたしみたいな人もいるんだと、反面教師だと思って頑張っていただけたらと思います。

わたしも、またコツコツと頑張ります!

少しでも参考になったら嬉しいです^^

では、また☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました